東北エスピー株式会社|屋外サイン|屋上広告塔|建植看板|袖看板|ネオンサイン|モニュメントサイン|壁面サイン|ピクトサイン|福島県郡山市

東北エスピー株式会社
〒963-8061
福島県郡山市富久山町福原字中田34-1
TEL.024-922-0076
FAX.024-922-0084

───────────────
屋外サイン・屋上広告塔
建植看板・袖看板・ネオンサイン
モニュメントサイン
壁面サイン・ピクトサイン
CI、VIサイン
建設業許可

(鋼構造物・とび・土工・塗装工事業)

第17612号
─────【その他】─────
屋外・屋内サインに附帯する
業務一式
イベント企画・アイテム制作
会場設営・運営・管理

───────────────
美術品商 福島県公安委員会許可 

第251300000283号

東北エスピー株式会社

qrcode.png
http://tohokusp.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
181649
 

社長のひとりごと

 
フォーム
 
8月6日(土)
2011-08-06
おはようございます。   今日は、放射線計 貸出しの為 報告は、なしです。

66年前の8月6日 8時15分 日本人そして人類が、決して忘れてはならない広島に原爆が投下された時間です。
35万の半分近くの14万人の命が、1瞬にして奪われました。
テレビや本で当時の様子を見る度に心が痛みます。戦争とはいえ、100%人為的なことなのですから。
あやまちは2度と繰り返しません。という人類に課せられたあまりにも重いテーマ。未来に対してのわれわれの責任。
しかし、世界中で、同じ過ちが起こされてしまう可能性がいたるところに存在しているのも事実。
特に今年は、原発事故により、日本の1部の地域が、同じ放射能の危険にさらされています。

式典に福島県大玉村の小中学生何人かが参加。放射能と闘い、復興してきた広島から、学んで故郷の為に役立てたいという説明がありました。
日本は、同じ核の脅威を、66年後の今、まったく別な形で受けています。

人類が誤って開けてしまったパンドラの箱。最後に残った、希望という言葉・・・・

われわれは、これ以上愚かになっては、いけないと強く感じます。

 
8月5日(金)
2011-08-05
当社入口花壇の花 なんという花かは、分かりません。      自社入口階段壁面の 安積山の歌

おはようございます。    本日の放射線値は、室内 0.21μsv     外部 0.40μsvです。

夏も今真っ盛りです。

東北各地で、祭りが、行われています。
 
1日 弘前 ねぶた   八戸三社祭り 

2日 青森ねぶた祭り 

3日 秋田竿灯祭り 

5日 山形 花笠祭り   

6日 仙台七夕祭り

そして8日は、立秋。 

祭りが終わると、東北は、あっという間に秋に向かいます。

今年の東北の祭りは、震災で亡くなった方への供養の意味もあり例年とは、又違ったものになっているのでは?

郡山でも 昨日から、8月6日まで、うねめ祭りが行われています。

郡山に伝わる伝説をテーマに 50年以上毎年行われているもの。

約千三百年前、陸奥の国安積の里(現・郡山市)は冷害が続き朝廷への貢物ができないほどでした。
このため奈良の都から巡察使葛城王が訪れました。
里人たちは窮状を訴え貢物の免除をお願いした。しかし、その願いは聞いてくれなかった。
その夜、王をもてなす宴が開かれ、王は里長の娘、春姫を見そめました。春姫は心から王をもてなし
以下の歌を詠んで、葛城王の心を静め里の苦境を救ったという。

安積山(あさかやま) 影さへ 見ゆる 山の井の浅き心を わが思わなくに     万葉集

毎年ミスうねめコンテストも行われます。

今年は、このうねめ祭りのパレードに、ディズニーランドから、ミッキーマウスとその仲間たちが特別参加

したり、タレントの西田敏行さんが、うねめ踊りに特別出演と、イベント盛りだくさんです。

東北も祭りで、少しでも元気をとりもどしてほしいところです。





 
8月4日(木)
2011-08-04
おはようございます。     今は、朝の 5時58分 会社に着いて、これから、車で東京出張。

放射線値は、途中、ツイッターで報告します。

久しぶりの朝の太陽です。(写真は、マンションの駐車場より 5:40)

まぶしいです。 よし! 今日は気合いを入れて、営業だ。
 
8月3日(水)
2011-08-03
おはようございます。  本日の放射線 内部 0.20μsv     外部0.40 μsv

今日の経済新聞の 文化欄 五木寛之氏の コラム  。山河破れて国あり
78歳 戦中 戦後を体験した作家に、今回の東日本大震災を、どう受け止めているか、語っていただくというもの。
当時朝鮮で終戦をむかえ、2年間の抑留生活を、体験した、氏は、今回の震災を「第二の敗戦」と受け止めていると言う。

66年前の終戦のときは、国破れて山河あり だったが、今回は、原発事故の後 山河さえも、汚染され

山河破れて国あり だというのだ。 今回の事故後の原発の安全を強調する、政府報道についても、国が公にする
情報は、一般人がパニックになることを恐れた上での政策なんだと、自己の朝鮮半島からの引き揚げ体験の中で痛感していたという。

それでは、私たちは、今 どうやって生きていけばよいのか?最後に 氏は、自分の動物的感覚を信じて、一日一日を、大切に生きるしかない。
国は、私たちを、最後まで守ってくれない。 と結んでいます。

さすが、戦後の混乱期を、経験した氏だからこそ言える言葉だな・・・・・・

確かに 地震の直後 東北では、ガソリンが2週間以上無くなってしまい、まるで マッドマックスだ!と
思ったことがありました。
 
しかし、この状況から、逃げることは、できません。後の世代への、この汚れてしまった、バトンをどう渡すか・・・




 
8月2日(火)
2011-08-02
おはようございます。  本日の放射線値は、 室内 0.18μsv  外部 0.34μsvです。

7/31に東京電力 福島第1原発で、10svの放射線値を、計測したとの報道がされております。これは、1時間で
命にかかわるほどの線量。これ以上の数値を計る機械が、原発にないとのことなので、実際は、もっと多い可能性もあるということ。

こわいです。県内でもホットスポットという、平均よりも、異常に線量が高い(放射性物質が、多く集まっている箇所)
が発表されておりますが、もっと超ホットスポットもあるのではないかと思ってしまいます。
国や県は、最近になって放射線計を、各学校・機関に配布しているようですが、個人で、原発事故の直後に、高額な機械を買った人もかなりいらっしゃるということ。
自分の身は、やはり自分で守らなければならないのか?・・・・・

話は、変わりますが、最近の若者は・・・ まったく! なんて思うようになってしまった自分が、微妙です。
20代の若いころは、親や、回りの大人に良く言われたもの。26年前、今の会社に入ったばかりの頃。

 「山田は、現代っ子だからなー」 ・・・その時、 今は亡き 篠崎 徹社長に言われた言葉。

最近やっと わかったような気がします。今は、自分が、社員に同じようなことを、言っているのですから・・・
世代の違い。 ジェネレーションギャップ いろいろありますが、でもいつの時代にも、共通な大切な物があるはず。
それを、伝えていかなければ、いけないのが、私の仕事と思い、今日も若い社員を叱咤・激励する毎日です。

天国の社長は、そんな私を 見て きっと笑っているでしょう・・・・・


 

放射線量について

放射線量について
 
<<東北エスピー株式会社>> 〒963-8061 福島県郡山市富久山町福原字中田34-1 TEL:024-922-0076 FAX:024-922-0084