東北エスピー株式会社|屋外サイン|屋上広告塔|建植看板|袖看板|ネオンサイン|モニュメントサイン|壁面サイン|ピクトサイン|福島県郡山市

東北エスピー株式会社
〒963-8061
福島県郡山市富久山町福原字中田34-1
TEL.024-922-0076
FAX.024-922-0084

───────────────
屋外サイン・屋上広告塔
建植看板・袖看板・ネオンサイン
モニュメントサイン
壁面サイン・ピクトサイン
CI、VIサイン
建設業許可

(鋼構造物・とび・土工・塗装工事業)

第17612号
─────【その他】─────
屋外・屋内サインに附帯する
業務一式
イベント企画・アイテム制作
会場設営・運営・管理

───────────────
美術品商 福島県公安委員会許可 

第251300000283号

 
qrcode.png
http://tohokusp.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
174350
 

社長のひとりごと

 

放射線量について

放射線量について
 
 
フォーム
 
7月21日(木)
2011-07-21
おはとうございます。    本日の放射線値は、 室内 0.18μsv   外部 0.52μsv です。

今日は、土用丑の日です。
この日に鰻を食べる習慣が、定着したのは、 江戸時代、平賀源内が、夏に全く売れない鰻屋の為に考えた「販売戦略」のようなものだそうで、さすが、当時の最先端の文化人源内の機知に富んだ発想だなーと感心させられます。

鰻でつい思い出してしまうのが、私が30才ぐらいだったでしょうか? ちょうど、中年太りが始まったころです。
7時半ごろ会社で残業していたら、急に、無性にうなぎが食いたくなり、郡山中の鰻屋さんに電話して、その時間
やっているお店を見つけて、同僚といっしょに食べに行ったのを、覚えています。
その時、丑の日でもなんでもないのに何故そんなに食べたくなったかは、今だ謎です。あんなにおいしいと思って鰻をいただいたのは、後にも先にも、ありません。その後そんなに食べたいと思ったことは、無いのです。
ただその時期、体重が、5キロ以上増えてしまったのも事実です。育ちざかり? 栄養を求めていたのかもしれません。皆さんも急に鰻が食べたくなったら、体重に要注意です。

今日は鰻たべようかな?・・・・・・どうしよう



 
7月20日(水)
2011-07-20
おはようございます。 本日の放射線値   室内 0.18μsv  外部  0.27μsv   です。

各地で、大きな被害をもたらしている大型で強い勢力の台風6号。地震・津波・台風と、自然の災害は、人間の力では、どうすることもできません。いくら科学が発達して、予報の精度が、高まったとしても、災害そのものを無くすことは、出来ないのです。

今回の大震災と津波。実は同じような東北太平洋岸の災害は、昭和8年   明治29年 にも起きており、多大な
被害をもたらしていたという事実を知る人は、多くないでしょう。調べてみればもっと昔にも似たような事例はあるでしょう。

有名な、物理学者 寺田寅彦 氏の 昭和8年 に発表された、津波と人間という 文章 (これは、地震の後に、知人のO氏から、FAXをいただいたもの) を読むと、 
え!・・・・これ、今回の地震のこと?と思うほど、行政の対応の遅れや、いろいろな問題点が実に酷似しており、なぜ、過去に、こんな経験がありながら、多くの人命が失われる結果になってしまうのだろう?と思ってしまいます。

結局人間の生活の時間のスケールと、大災害の起こるサイクルが、大きく違っている為、その当時痛い思いをした人や行政の担当は、次の地震の起こるときには、もう生きていなかったり、高齢になっている為、リアルな対応や、防止策が、とれないのだということです。

今回の原発事故も時間と共に 喉元過ぎれば・・・・・・・にならないことを、願います。  
 
7月19日(月)
2011-07-19
おはようございます。 本日の放射線値は 室内    0.21 μSV    外部    0.21 μsv     です。

今日は、雨のせいか、外部が低いですね。外の塵や砂ほこりが飛んでこないからかもしれません。
昨日は、なでしこジャパンの活躍で始まり、何度となくニュースでその喜びの表情が、紹介されておりました。
私も久しぶりにテレビのスポーツ観戦で大泣きしました。

昨日、子供たちを連れて、郡山市立美術館に行ってきました。地震による、点検・補修で、しばらく休館していたのですが、やっと始まりました。
 リサとガスパール &ペネロペ展   7/16(土)〜8/28日(日)
日本でもテレビで紹介されている、大人気のキャラクターの作者は、 ゲオルグ・ハレンスレーベンと アン・グッドマン 夫妻。現在は3人の子供たちと共にパリに住んで、作品を発表しているということ。

原画は、すべて 油絵で、平面的な中に美しい色彩のハーモニーが作り出す、奥行と、キャラクターの不思議な
存在感を感じさせてくれる、とても楽しい作品です。
原色の油絵の具のタッチを残した感じが、いいですね。
なにげなく描いてあるようですが計算された、色彩の構成と、絵の具の色の深みは、下塗りの秘密があるのでは?

マチスの色彩の空間感に通じるものが、あるように思いました。

作品の展示も子供の目線に合わせて、少し低めになっているのも、良いですね。

子供たちも大喜びで、下の幼稚園の娘も、以外と飽きないで、見ていました。

これからの、夏休みに向けて とても良い企画展ではないかと思いました。
観覧料も一般が ¥500円とお手頃ですので、機会があれば、お子さん連れ、カップルで、又は、一人でも肩がはらずゆっくりと楽しめるのでは、ないかと思います。
 
7月18日(月)
2011-07-18
おはようございます。 やった!  なでしこジャパン! 世界一おめでとうございます。

涙・・・ 涙・・・・スポーツの実況放送を見てこんなに泣いたのは、初めてです。
強豪アメリカを相手に、前半なんとか0−0で折り返したものの、後半先制され、
もはやこれまでかと思ったところで,宮間の執念のゴール。
もうここで、思わず涙。
アメリカのスピードとパワーの前にもうだめかと、半分あきらめかけていた時だったので、なおさら感動。

1−1で延長戦に入り、 前半またも1点を奪われ、もはやこれまで、まあ良くがんばったと思っていたら、またもや
後半沢の同点の逆襲。

なんということ・・・ここまでの粘り・・集中力。滝のような涙が溢れてテレビ画面が曇り見えなくなりました。

そして決勝でのPK 戦 。
アメリカがプレッシャーで、ミスをする中、小さななでしこ達は、プレーを楽しむかのごとき落着きで、3ゴールを決め、みごと優勝! しゃくしゃの笑顔で選手・監督抱き合う姿に、又 涙 涙・・・・

勝利の女神を、微笑ませたのは、決して諦めない、踏まれても、踏まれても、小さな花を咲かせるなでしこ達の不屈の魂だったのでしょう。

遠いドイツ フランクフルトの地で、これほどのびのびと、屈託ない笑顔でプレーを続けてくれた、画面の向こうの
彼女たちに、勇気と感動を与えてくれて、本当にありがとうと 言いたいと  ・・・・

日本中の人達が思っているでしょう。

いやー夜中起きて見てて本当に良かった・・・・

今日のマンションの放射線値は、内部 0.20μsv  ベランダ 0.21μsv   です。



 
7月17日(日)
2011-07-17
今日は、朝から福島の親戚の葬儀のお手伝いで、朝早く福島へ、高速は出口で混むので、国道4号線で。
途中二本松あたりは、放射線値が、車内でも 1.0μsvを超えておりました。
親戚の家は、福島の野田町にあるのですが、ここは 外部 室内共 0.21μsvと郡山よりも低いようです。
斎場のある福島市渡利は、車内0.48μsv 外部1.74μsvと高め。場所によってかなりばらつきがあるようです。

昨日は、通夜で今日の葬儀では、御寺より葬儀場まで御導師様を御迎えにあがりまた、葬儀場から、斎場まで、
お連れし、最後に御寺まで送り届けるというのが、私の仕事です。
地元の遠い親戚の道案内に従い車を運転しましたが、御導師様を乗せて走るのは、初めてで、又慣れない道を通るので若干緊張しました。亡くなったのは、母方の義理の伯父さんなのですが、どうもその母方の実家の母のいとこの孫がひげの隊長としてイラク派遣で活躍された、佐藤正久さんだったことには、驚きました。
いろいろ聞いてみると人のつながりというのは、おもしろいものです。
伯父さんは享年85歳だったのですが、国鉄の機関士を40年以上続け、C62も運転していたという戦前・戦後の国鉄をささえてきた人でした。口数少なく、頑固な昔気質のポッポ屋 映画の鉄道員を思い出します。この世代の人がどんどんいなくなってしまうのですね。実は、享年79歳で亡くなった私の父も国鉄郡山工場勤務。伯父さんと同じ頑固な人でした。最近私も骨を拾うのが多くなったな・・・・・

<<東北エスピー株式会社>> 〒963-8061 福島県郡山市富久山町福原字中田34-1 TEL:024-922-0076 FAX:024-922-0084